YouTubeで断熱性能の動画をみる

高い基本性能が可能にした「省エネルギー住宅」

省エネルギー

冬暖かく、夏涼しい家。

断熱性や気密性に優れた家は、冷暖房のエネルギー消費による熱負荷を大幅に低減します。また、お部屋のなかの温度ムラや室内の上下温度差が少なくなるため、冬にトイレや風呂が寒い、ということが少なくなり、急激な温度差が原因となるヒートショック対策としても有効な仕様です。

高気密・高断熱

夏は涼しく、冬は暖かくお過ごしいただくために熱損失、熱流入の激しい開口部の断熱を徹底。優れた断熱窓や断熱材を採用し、快適な室内環境を維持します。地球温暖化を実感する夏や寒冷地での暮らしを考えた気密性・断熱性の追求が、最高等級レベルの断熱等性能につながりました。

断熱性に優れた樹脂サッシ・複層ガラス

窓には、アルミ樹脂複合サッシとLow-E複層ガラス日射遮蔽型※を採用しています。冷気・暖気の最大の侵入口である開口部において、アルミ樹脂複合サッシと複層ガラスを採用することで断熱効果が高まり、快適性がアップ。冬暖かく、夏涼しい室内温度を保つことができます。 ※準防火地域では網入りガラスが室外側となり、高断熱Low-E複層ガラスになる場合があります。

アルミ樹脂複合サッシ

熱の出入りや結露を抑え、夏は涼しく、冬は暖かく。屋外からの騒音を遮り、静かで落ち着ける空間へ。優れた断熱性能や遮音性能で、心地より室内を演出します。

高断熱アルミ樹脂複合サッシ
Low-E複層ガラス日射遮蔽型

ガラスにコーティングした特殊金属により、一般複層ガラスに比べて約2倍の遮断効果を発揮しす。夏は暑い日差しを約70%カットし、冬は熱を外に逃がさないため冷暖房負荷が低減し、省エネ対策も高まります。

高断熱型Low-E複層ガラス

北の森から生まれた木質繊維断熱材「ウッドファイバー」を使用

北海道産のカラマツやトドマツなどの針葉樹を主原料とし、CO2削減にも効果的なとてもエコロジーな断熱材です。優れた断熱性能・蓄熱性能で住宅の省エネにも貢献します。もちろん、ホルムアルデヒド・VOCフリーで、安心・安全、健康にも良く人にも地球にも優しい断熱材です。

1:蓄熱性

ウッドファイバーは熱容量が高く、周囲の温度影響を受けにくい特長を持っています。
夏季においては、暑さが室内に到達する時間を遅延させ、涼しい室内環境を創出。冬季においても、室内の温度変化がおこりにくく、年間を通して、冷暖房費の削減に貢献します。

燃えにくく、水や結露にも強い断熱材

2:調湿性

ウッドファイバーは高い吸放湿性能があります。グラスウールやロックウールにはほとんどその性能はありません。吸放湿性能が高いとされているセルロースファイバーなどよりも高い吸放湿性能を有しており、壁内部の結露の発生を抑制し、室内の湿度環境を快適に保ちます。

燃えにくく、水や結露にも強い断熱材

3:吸音性

優れた吸音性能が話し声、テレビ音、車のエンジン音といった生活騒音の軽減に効果を発揮。居住空間に静寂をもたらし、プライバシーの確保にも貢献します。

4:防火性

ウッドファイバーは高い防火性能を有しており、表面に炭化被膜を作り延焼を防ぎます。

5:断熱性

ウッドファイバーは高性能グラスウールなどど同等の断熱性能を有しており、申し分のない断熱効果を発揮。住宅の省エネルギー化に大きな役割を担う高性能断熱材です。

燃えにくく、水や結露にも強い断熱材
優れた性能の床下断熱材

100㎜厚の押出法ポリスチレンフォーム床下断熱材を採用。独立気泡の小さな泡の中に気体を閉じ込めたことにより、熱伝導の三要素「対流・輻射・伝導」の数値を小さく固定。熱をさえぎり結露を抑制、断熱の大敵である水が入りにくく、断熱性能の劣化を防ぎます。

優れた性能の床下断熱材

空気環境

空気環境でも最高等級の評価をいただいています。気密性が高い家だからこそ、空気環境への配慮は大切です。快適を追求するだけでなく、身体の健康にも配慮して建材などの安全性にもこだわっています。

ホルムアルデヒド対策最高等級

計画換気を行う「ナイスの強い家」は、住宅性能表示制度の「空気環境」でも最高等級レベルの性能を有しています。これは居室の内装の仕上げおよび換気といった措置のない天井裏の下地材に使用される特定建材からの人体に悪影響をおよぼすと言われるホルムアルデヒドの発散量が極めて少ないことを示しています。

ホルムアルデヒド対策最高等級
24時間換気システムを採用

快適な暮らしを実現するためには、室内の健やかな空気環境が大切。家全体の空気を常に新鮮に保つためには、常時換気のできるシステムが必要です。居室内に新鮮な空気を取り入れ、トイレや廊下などで汚れた空気を外部に排出させるために、それぞれに換気扇を設け、安定した換気を行うシステムを採用しています。台所や浴室等空気がこもりやすい場所には、別途換気設備を設けています。

24時間換気システムを採用
内装材にも最高級のF☆☆☆☆(フォースター)製品を採用

フローリングをはじめとする内装建材や接着剤は、健康に配慮して建築基準法をクリアするものを使用し、低ホルムアルデヒド化を進めています。建築基準法で規制を受ける規制対象建材以外でも、積極的に低ホルムアルデヒドの商品を採用。人体に影響を及ぼすホルムアルデヒドの拡散を防ぎ、壁紙も人体に有害な可塑剤を含まない非塩化ビニールのクロスやホルムアルデヒド吸着建材等も用意しています。また床・壁・天井の基本内装構成材とシステムキッチン、建具、収納材なども、JAS及びJIS規格でホルムアルデヒド発散量が少ないF☆☆☆☆を採用し、健康に配慮した内装建材をすべてのアイテム(仕上げ材)で使用しています。

天井裏の建材にもF☆☆☆☆製品を採用

天井と屋根の間に挟まれた小屋裏は、建物の湿気が比較的たまりやすい場所であり、居住性への影響だけでなく、構造材にも影響を与えてしまうこともあります。そのため、小屋裏換気口を軒天の有効な位置に設け、外部の空気を取り入れ建物内の湿気や熱気を排気します。天井裏等に使用している建材などには、室内に影響の無いようにF☆☆☆☆の部材を採用、快適な住環境を保ちます。

天井裏の建材にもF☆☆☆☆製品を採用

エコ対応

地球環境やエネルギー、資源のこともしっかりと。
環境を考えた取り組みを続けています。

太陽光発電システム

今、自然エネルギーに対する関心が急速に高まりつつあります。そのなかでも、現在とくに注目されているのが、太陽光発電システムです。環境にも家計にも優しい家づくりに取り組んでいます。※フェニーチェホームでは2kWの太陽光発電システムを標準採用していますが、パワーホーム、フェニーチェホーム熊本株式会社ではオプションでの対応となります。

太陽光発電システム
雨水利用システム(オプション)

「ナイスの強い家」の一部分譲住宅では、雨水利用システムを採用しています。雨水を貯めて庭のガーデニングや家庭菜園の水やりに利用したり洗車に利用したり。節水しながら一戸建て住宅の生活をより豊かにしてくれます。

雨水利用システム(オプション)
断熱材の原料の約80%がリサイクル!

断熱材に使用しているグラスウールは、原材料の約80%がリサイクルによって製品化されています。可能な限り地球や資源に負担をかけない家づくりを目指しています。

断熱材の原料の約80%がリサイクル!

カタログ請求

お問い合わせ

Shop お近くの店舗詳細

■東北・甲信越エリア

  1. 青森
  2. 新潟

■関東エリア

  1. 栃木
  2. 群馬
  3. 埼玉
  4. 東京
  5. 神奈川

■近畿エリア

  1. 大阪
  2. 兵庫

■東海エリア

  1. 静岡
  2. 愛知

  3. 三重

■九州エリア

  1. 熊本
  2. 沖縄

■四国エリア

  1. 愛媛
  2. 香川


↑